『原田メソッド』認定パートナー 再現性のあるノウハウの提供と自立型人間の育成

目的・目標設定プロデューサーとして、大リーガーの大谷翔平選手も実践した「オープンウインドウ64」等、『原田メソッド』セミナーや個別コンサルを通して、0から1への第一歩を、主体変容を、オフィスゼロトゥーワンがサポートします!

*

【新しい目標設定方法】

   

〜今日の活動~

・明日の個別コンサル

前回、作成していただいた「達成目標」のチェック

Iさん、来週もよろしくお願いします!!

また、5月からの継続お申込みをありがとうございます!!

・「原田メソッド あるき方」セミナー準備

原田メソッドの肝である「目的・目標4観点」を作成して頂き、

その用紙をお持ち帰り頂きます。

4月9日です ⇒ 原田教育研究所HP

 

~今日のコラム〜(目標達成まで、あと 636日)

【新しい目標設定方法】

通常、目標設定といわれているものを

原田メソッドでは、

「目的・目標設定」という。

目的は、方向、

目標は、距離。

未来の素晴らしい方向(目的)に向かって、

途中途中の距離(目標)を進んでいく。

その目的・目標を、より具体的に設定していく

最初の取り組みとして、

「目的・目標の4観点」というものがある。

通常の目標設定は、

例えば、

年収1億円、高級車がほしい、会社を大きくしたい、等々、

いわゆる、主に目に見えるものだけを設定する。

原田メソッドでは、その自分の目に見える目標を

①「自分有形」の目標という。

で、その目標が達成した時、

その時の、自分の気持ちや感情②「自分無形」

その時の、家族や周りの人たち(自分以外)はどうなるか?③「社会他者有形」

その時の、家族や周りの人たち(自分以外)の気持ち、感情、気分④「社会他者無形」

この4つの観点から、目的・目標を設定していく。

例えば、こんな感じ。

特に、この無形(気持ちや感情)の部分が非常に重要!!

この4観点から、目的・目標を徹底的に洗い出し、

その書き出した項目ををつなぎ合わせて、

「達成目標」

(アファーメーションやセルフトーク)

をという、「一番の肝」作っていく。

、、、、、

「達成目標」の作り方は、

明日以降にお伝えします。

 

その「目的・目標4観点」を実際に作成して頂き、

お持ち帰り頂くセミナーがこちらです ⇒ 原田教育研究所HP

 

 - 原田メソッド